オルソケラトロジー

眠っている間に視力を矯正するオルソケラトロジー

オルソケラトロジーは、睡眠時に特殊なコンタクトレンズを装着することで角膜の形状を変化させて、裸眼視力を改善する治療法です。起床したらコンタクトレンズを外し、日中は視力を一定時間維持できるため、裸眼で過ごすことができます。眼鏡やコンタクトレンズを使う必要がなくなり、日常生活における不便さが解消し、スポーツでも思いきり実力を発揮できるようになります。
オルソケラトロジーは、大人に比べて角膜が軟らかく、形状を変化させやすい若年層が特に高い効果を得やすいとされています。レーシックなどの手術と違いリスクが低く、レンズの装用を中止すれば角膜の形状は元に戻っていきますので、安全性の高い治療法です。

オルソケラトロジーの仕組み

レンズ装着前

近視の場合、目に入ってきた光が網膜より手前で焦点を合わせてしまいます。それによって、遠くの見えている対象がぼやけて見えます。

就寝中

特殊なカーブを持ったコンタクトレンズを装着します。この特殊なカーブが角膜前面の形状を矯正し、目に入った光の焦点を網膜に結ぶようにします。

日中

目覚めたらコンタクトレンズを外します。目に入った光の焦点が網膜に結ぶ状態に矯正された角膜の形状は一定時間維持されるため、日中の裸眼視力が改善します。

オルソケラトロジーはこんな方におすすめできます

  • 若年層の方
    目の機能が成長段階にあるお子様の近視進行を抑制する効果があることが報告されています。近視が進行しやすい成長期に向いた治療法です。
  • 眼鏡を使用したくない方
    職業上、眼鏡やコンタクトレンズを装用することが制限があるケースがあります。そうした方にもおすすめです。
  • 軽度の花粉症のある方
    日中は裸眼なので、いつでも点眼できます。
  • スポーツをする方
    裸眼であれば眼鏡やコンタクトレンズの装用中の心配がなくなるため、思い切り楽しむことができます。特にマリンスポーツなど水中のスポーツをされる方に向いています。
  • 手術び抵抗がある方
    レンズを装用するだけですので、手術のリスクはありません。

メリットとデメリット

メリット

  • 手術不要で、すぐに治療をスタートできる
  • 子どもの近視進行抑制効果が期待できる
  • 就寝時のみレンズを装用するだけで、日中は裸眼で過ごせる
  • レンズの装用中止すれば、角膜の状態が元に戻る

デメリット

  • 就寝時のレンズ装用が必須
  • 視力が安定するまで見え方が一定期間変動する可能性がある(個人差あり)
  • 夜間にまぶしさや光のにじみが感じることがある(個人差あり)
  • 2~3年おきにコンタクトレンズの買い替えが必要

治療の流れ

Step1適応検査

オルソケラトロジーでは特殊なレンズを使用するため、専用レンズの装用が可能かを精密に検査します。
なお、検査をご希望の方は平日の火曜日~金曜日、もしくは第3、第4日曜日に受診してください。

Step2カウンセリング

適応検査の結果をもとに、カウンセラーが丁寧にご説明します。治療に対するご不安や疑問点などがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

Step3テスト装用

治療の適応となりましたら、1週間のテスト装用をしていただきます。

Step4レンズ処方と治療スタート

テスト装用の効果を診断します。その後、治療用のレンズを処方し、治療を開始します。

Step5アフターケア

オルソケラトロジー治療では、定期検診が重要です。治療開始の1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後にご来院いただき、それ以降は3ヶ月ごとにいらしていただきます。定期検診では、視力や目の状態のチェックを行います。
また、治療中に異常を感じるなどがありましたら、定期検診日を待たず、お早めにご相談ください。

費用

レンズ関連

初期費用(両眼) 160,000円(税込)
※乱視入り 192,000円(税込)
導入3か月を過ぎてからの定期検診 3,500円(税込)
体験費用(片眼) 27,000円(税込)
※ただし、特注レンズの場合はレンズ代がかかります

※別途ケア用品代がかかります

tel:043-445-7677
一番上に戻る
よつかいどう眼科 アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町