眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がった状態をいいます。目を開いていてもどこか眠たそうに見られたり、おでこにシワがよったり、二重幅が広くなったりなど外見に大きな影響を与えます。発症時期によって、先天性と後天性に分類されます。
当院では、関連施設にて眼科専門医による日帰り手術を行っております。レーザーを使用した負担の少ない治療法です。お気軽にご相談ください。

眼瞼下垂の原因と種類

目を開けていても上まぶたが十分に持ち上がらず、垂れ下がったままの状態が眼瞼下垂症です。

老人性下垂

加齢でまぶたの筋肉が衰えて垂れ下がります。

コンタクトレンズ下垂

ハードコンタクトレンズを長年使用していることにより発症します。

先天性下垂

まぶたの筋肉が生まれつきあまり働かないことで起こっています。

上記以外に、アトピー性皮膚炎や眼科の手術を受けた後などに発生することがあります。また、メイクによって起こる可能性もあります。
眼瞼下垂症の症状は神経の病気によって起こることもあるため、しっかりと見極めて疑わしい場合には精密な検査を行う必要があります。

眼瞼下垂の症状

  • まぶたが腫れぼったくなった
  • 目が細くなった
  • 上まぶたが瞳にかかって見えにくい

よく見ようと無意識に眉を上げることが多くなり、額にシワができる・表情が険しくなる傾向があります。
また、見えにくさから肩や首のこり、頭痛などが生じるケースもあります。

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂症の治療眼瞼下垂症は点眼などの薬物療法で治すことはできません。上まぶたを持ち上げる筋肉を短くして、まぶたを持ち上げやすくする手術が一般的な治療法です。他に、まぶたの皮膚を一部切除してまぶたを上げる手術もあります。
当院では、関連施設のよつかいどう眼科にて眼瞼下垂の日帰り手術を行っております。眼瞼下垂の手術に金属のメスではなく炭酸ガスレーザーを使用しています。これにより切開部分から出血した場合にも即座に止血が可能ですし、出血量自体を大幅に抑えることができます。

※眼瞼下垂症手術は美容形成手術と共通した手法を用いて行います。ただし、当院では美容目的の眼瞼下垂症手術を行っておらず、あくまでも治療としての手術であることをあらかじめご了承ください。

手術後のご注意

抜糸は、手術後10日後くらいになります。
まぶたはとても腫れやすく、デリケートな組織です。手術後は一時的な腫れや皮下出血で紫色に変色する場合があります。こうした症状は時間経過とともに消えていきます。ほとんどのケースで手術後1~3ヵ月で自然な状態に戻ります。

手術費用

眼瞼下垂症の手術には健康保険が適用されます。下記は目安の金額です。

片眼

1割負担 約7,500円
3割負担 約21,500円

両眼

1割負担 約15,000円
3割負担 約43,000円程度
tel:043-445-7677
一番上に戻る
よつかいどう眼科 アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町