一般眼科

ドライアイ

ドライアイエアコンで温度管理された室内はとても乾燥しています。また、人間は集中するとまばたきの回数が極端に減るため、パソコンやスマートフォンを長時間使用していると目が乾きやすくなります。こうした理由によりドライアイでお悩みの方が増え続けており、現在の日本ではドライアイの患者数が2200万人いると考えられています。
目の乾きは不快感や疲れをもたらし眼精疲労を起こしやすくします。また、異物で傷付きやすい状態になるためさまざまな眼科疾患のリスクも上昇します。またコンタクトレンズ装着もドライアイになりやすい傾向があります。その場合には酸素透過性に優れたレンズを使い、点眼などで積極的に目の潤いを保つ必要があります。
ドライアイは涙の量自体が不足しているタイプと、涙の成分に問題があって目の表面に涙の膜がうまくできなくなるタイプに分けられます。成分に問題がある場合。涙が多く出ているのにドライアイということもあります。
眼科では涙の量、成分に合わせた適切な点眼薬を使い、ライフスタイルや生活習慣に合わせたアドバイスをさしあげることで効果的にドライアイを解消しています。点眼薬では解消できないほど涙の量が少なくなっている場合にも、効果的な治療法をご提案できます。
ドライアイから起こる視界のぼやけ、ピントの合わせにくさ、眼精疲労などはお仕事や生活全体に不便や支障を生じさせます。こうした症状を解消するために、眼科専門医を受診してください。

VDT症候群

VDTは、ビジュアルディスプレイターミナルの頭文字をとった略語です。VDT症候群は、コンピューターやスマートフォン、TV画面などのディスプレイ(モニター)を長時間集中して見続けることで発症します。現在では液晶画面を見ることがビジネスやプライベートでも不可欠な状態ですので、注意が必要です。

VDT症候群の症状

  • 疲れ目
  • 目のかすみ
  • 目の不快感
  • 目の痛み
  • 目のかゆみ
  • 目の乾き
  • ピントの合わせにくさ
  • 視力低下
  • など

見えにくい状態が続くことで肩や首のこり、頭痛などの症状が起こる場合もあります。

VDT症候群の原因と治療

長時間、画面を見続けることが原因となって発症しますが、リスクを上昇させる誘因が他にもいくつかあります。

  • ドライアイなどの眼科疾患がある
  • 画面に光が映り込んでいる
  • 画面の位置がやや高い
  • 眼鏡やコンタクトレンズの度数がライフスタイルに適していない
  • 遠くを眺めることができる窓などがない
  • など

VDT症候群の治療では、適切な目薬の点眼、ライフスタイルに合わせた視力矯正、作業環境の改善、そして意識的にまばたきを行い、こまめに休憩を入れるなども重要になってきます。

VDT症候群の対策

まばたきの回数を増やす

集中するとまばたきの回数が減ってドライアイのリスクが上昇し、VDT症候群にもなりやすい状態になります。コンピューターやスマートフォンを使用する際には、意識的にまばたきの回数を増やし、目の表面の潤いを保ちましょう。

空気の乾燥を防ぐ

エアコンの効いた室内はとても乾燥しているため、加湿器などを使って湿度を上げてVDT症候群を防いでください。最近はデスクに置けるパーソナルな加湿器なども登場していますので、そうしたものを活用してください。

眼鏡やコンタクトをライフスタイルに合わせた度数に

必要な度数は仕事内容などのライフスタイルによって実はかなり違います。単純に遠くがよく見えるものを装用していると、パソコン画面などにはピントを合わせにくく、大きな負担をかけ続けることになります。また、30歳以上になるとピントを合わせる機能が低下してくるため、目の疲れもよりたまりやすくなります。
眼科専門医では、ライフスタイルやお仕事、環境などに合わせたきめ細かい視力矯正を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

眼精疲労

目の酷使によって目の痛みや視界のかすみなどの目の症状、さらに頭痛や肩こりなどの全身症状が現れ、休憩や睡眠をとっても十分に回復しない状態を眼精疲労と呼びます。休憩や睡眠で解消できる同様の症状がある場合には、疲れ目と呼ばれます。

眼精疲労の症状

  • 目の痛み
  • 視界のかすみ
  • ピントを合わせにくい
  • まぶしさを強く感じる
  • 充血する
  • 頭痛
  • 肩こり、首こり
  • 吐き気
  • など

眼精疲労の原因

目の酷使によって起こりますが、下記のような誘因があると眼精疲労を起こしやすくなります。

  • 度の合わない眼鏡やコンタクトレンズの使用
  • 初期の老眼
  • 緑内障や白内障などの眼科疾患
  • VDT症候群やドライアイ

全身疾患やストレス、環境の変化などが眼精疲労発症に深くかかわっているケースもあります。

特に老眼は早い方では40歳になる前からはじまるケースもあります。ご自分ではなかなか気付きにくいため、40歳を超えたら定期的に眼科専門医で検診を受けることをおすすめしています。

眼精疲労の治療

下記のような原因を排除することが最も重要です。

  • 眼鏡やコンタクトレンズの度数をライフスタイルなどにしっかり合わせる。
  • 眼科疾患があれば、それを治療する。
  • 適度な休息や十分な睡眠を心がける。
  • 作業環境などを見直す。

また、当院では症状を少しでも解消するために、ビタミンが配合された点眼薬や内服薬、目の乾きを解消する点眼薬など、患者様に適した薬の処方も行っています。

tel:043-445-7677
一番上に戻る
よつかいどう眼科 アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町