まぶたの病気

ものもらい

ものもらいは、まぶたにできる良性のできものです。細菌感染が原因で発症する「麦粒腫」と、まぶたの中で脂肪が詰まって発症する「霰粒腫」があります。

麦粒腫

まぶたに起こる急性の化膿性炎症で、麦粒腫と呼ばれています。まぶたにある汗や脂を分泌する腺が細菌感染して発症しますが、人にうつることはありません。かゆみや違和感から不用意に触れると悪化することが多く、再発を繰り返すこともあります。

麦粒腫の症状
  • まぶたの一部が赤く腫れる
  • まばたきや触れると痛い
  • まぶた全体の腫れ
  • 目やにが増える
  • かゆみ
  • 充血
  • ゴロゴロするなどの違和感
  • 皮下に膿がたまる
  • 膿が出る

放置した場合、膿が出て自然に回復する場合もありますが、逆に重症化してしまう可能性もありますので、症状に気付いたら早めに眼科を受診してください。

麦粒腫の治療

感染して炎症を起こす原因菌は黄色ブドウ球菌である場合が多いため、黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏を中心にした治療を行います。症状により抗菌内服薬を用いる場合もあります。
完治までは約1~2週間程度とお考えください。
炎症が重く痛みや腫れが強い場合には、小さく切開して膿を排出します。
なお、患部に触れると再発や悪化につながりますので、できるだけ触れないようにしてください。

霰粒腫

霰粒腫はまぶたにあるマイボーム腺という皮脂腺が詰まってしまい、まぶたの中でしこりのような塊ができる病気です。麦粒腫とは異なり、細菌感染によるものではありません。
症状は、まぶたの腫れや異物感があります。基本的に痛みや赤みを伴うことは少ないですが、炎症が起こった場合は、麦粒腫と同様の症状が見られます。これは急性霰粒腫と呼ばれます。

霰粒腫の治療

しこりが小さい場合は、自然に治まることもあります。大きい場合は急性霰粒腫の場合や繰り返す場合は、摘出手術も検討されます。急性霰粒腫では炎症を抑えるために、抗生物質の点眼薬や内服薬を服用します。

眼瞼痙攣

意思に関係なく目の周囲の筋肉がピクピク痙攣します。疲れなどによって起こってすぐにおさまる場合には特に心配ありません。ただし、いつまでも続く、広い範囲で痙攣が起こる、頻繁に痙攣するといったことがありましたら、眼科専門医の受診をおすすめします。
眼瞼痙攣は女性の発症が多く、女性の患者数は男性の2倍とされています。高齢になると発症リスクが上がりますが、若い方の発症も珍しくありません。

眼瞼痙攣の治療

痙攣は、神経の伝達を妨げて筋肉を麻痺させる効果があるボトックス注射で抑えることができます。ボトックスは、多汗症治療や深い表情ジワを和らげる美容分野で長く使われてきた実績を持っており、その有効性が眼瞼痙攣の治療にも役立っています。
効果が持続するのは3ヶ月程度ですので、再び症状が現れはじめたら改めてボトックス注射を受ける必要があります。なお、当院ではボトックス治療が必要な患者様には関連施設のよつかいどう眼科にて行っております。

眼瞼内反

逆さまつ毛という名称で知られています。まぶたを支える筋肉がゆるむことが原因になって起こっているケースがほとんどです。まつ毛の生える方向が不ぞろいになるため、角膜や結膜にまつ毛が当たって傷付けてしまうケースがあり、視力障害や感染症などのリスクを上昇させます。まつ毛の生え方に問題がある場合、抜いても同じ方向に生えてきて再発しやすい傾向があります。

眼瞼内反症の治療

皮膚を切開し、まぶたを支える筋肉の弛緩を改善します。これによりまつ毛の生える向きを外側に整えます。なお、下眼瞼牽引筋腱膜を瞼板に縫い付け、さらに眼輪筋を短縮することにより、垂直と水平、両方向でのきめ細かい修正が可能になります。

tel:043-445-7677
一番上に戻る
よつかいどう眼科 アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町