コンタクトレンズ・眼鏡

快適な眼鏡・コンタクトレンズ選び

快適な眼鏡・コンタクトレンズ選び目の疲れや頭痛、肩こりが眼鏡やコンタクトレンズにあるケースが増えています。単純に遠くはよく見えても、パソコン画面やスマートフォンといった近い距離を注視する用途に合わせていない場合には、目に大きな負担がかかり続けます。眼鏡やコンタクトレンズは正しく精密な検査と用途や環境に合わせた処方が必要なのです。
また、コンタクトレンズは目の中に直接入れて使用するものです。そのため、ケアの方法や使用法を間違っていると角膜や粘膜を傷付ける・感染するなど眼科疾患のリスクを上昇させ、失明する可能性もゼロではありません。そして長年コンタクトレンズを使ってきて、ご自分ではきちんとケアされている方でも、実際にはケア方法を間違えている方がかなり多くいらっしゃいます。
眼鏡やコンタクトレンズを原因にした深刻な眼科疾患や不快な症状を予防し、いつも快適な視力を得られるよう、定期的に眼科専門医を受診して目の状態をしっかり確かめるようにしてください。

眼鏡処方

当院で行っている眼鏡に関する検査は、遠用・近用(老眼鏡)、遠近両用眼鏡、さらにプリズム眼鏡のための検査も対応可能です。
なお、眼鏡処方には時間がかかるケースがあります。そのため、後日のご予約をいただき、その時のお渡しになっています。

※すでに眼鏡をお使いになっている方は、眼鏡処方でご来院される際にその眼鏡をご持参ください。

コンタクトレンズ処方

当院では、原則として使い捨てのディスポーザブルレンズの処方となります。遠近両用なども扱っておりますので、ご相談ください。

当院で扱っているメーカー
  • アルコン
  • クーパービジョン
  • シード
  • ジョンソン&ジョンソン
  • ボシュロム
  • メニコン
  • ロート
  • HOYA
  • 東レ
  • シンシア
  • アイレ

※メニコンのレンズをご希望の場合は事前にお問い合わせください。

初めてのコンタクトレンズをご検討されている方へ

初めてのコンタクトレンズをご検討されている方へコンタクトレンズが初めてという方に、当院では装着や外す練習を丁寧にご指導しています。そのため必ずご本人のご来院が必要です。また、ご納得いくまで練習していただくため、初めての方には受付終了の時間の1時間前までにご来院いただくようお願いしています。
安全に、そして快適にお使いいただくためのケア方法もしっかりご指導しています。できるだけお時間に余裕をもっていらしてください。

コンタクト最終受付
  • 午前 12:00
  • 午後 17:30

プリズム眼鏡について

斜視の方が治療に用いる特殊な眼鏡です。レンズの部分にプリズムが入っており、それで光を屈折させて両目で同じ視標を見えるようにするものです。斜視自体の治療ではなく、両眼視の機能を確保しやすい効果を期待できます。
また、斜視では「ものが二重に見えてしまう」複視の症状でお悩みのケースがよくあります。プリズム眼鏡は複視を軽減する効果も見込めます。眼筋麻痺などによる大人の斜視で複視が強く出ている際にも、プリズム眼鏡が有効なケースがあります。
膜プリズムの処方は受け付けておりませんので予めご了承ください。

定期健診で美しく健康な瞳を守りましょう

コンタクトレンズは薬事法により高度管理医療機器のクラスⅢに指定されており、コンタクトレンズを使用している場合には3ヶ月に1回の定期検診が必要とされています。直接、目に入れて使用するものですから、健康な目を守るために定期検診はとても重要です。
使用方法やケア方法が正しくないと、毎日の積み重ねでダメージが蓄積し、さまざまな眼科疾患のきっかけになりますし、最悪の場合には視力の大幅な低下や失明といった可能性も出てきます。これは、ソフトとハード、使い捨てなどすべてのコンタクトレンズにあてはまります。
特に最近増えてきているのが、使用期間の交換時期を過ぎて使用したことによる眼科疾患です。
「見る」ことはお仕事や生活全体に大きな影響を与えます。また、目はその方の印象を大きく左右するパーツです。何か違和感がありましたら、定期検診の時期まで待たず、すぐにご相談ください。

tel:043-445-7677
一番上に戻る
よつかいどう眼科 アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町