白内障

白内障とは

白内障は、目の中にある透明な水晶体という組織が濁ってしまうことで、視野にモヤがかかったようになる・ものが二重に見えるなどの視力障害を起こす病気です。水晶体はカメラでたとえるとレンズのような役割を果たしています。レンズが曇るとクリアな写真が撮れなくなりますが、それと同じように水晶体が濁ることできれいに見えなくなってしまうのです。

白内障の原因

水晶体は水晶体嚢という袋の中にあり、数多くの細胞が規則正しく配列することで透明な状態になっています。何らかの理由で細胞の配列が乱れると水晶体が混濁して白内障を発症します。
原因は先天性と後天性に大きく分けられ、最も多いのは後天性の白内障で加齢によるものです。加齢以外では、アトピー性皮膚炎や打撲などの外傷によって発症する場合もあります。また、若年者の白内障では糖尿病などの病気も白内障の原因になります。また白内障の進行を早める要因として、喫煙、紫外線や放射線暴露、ステロイド・痛風治療薬・向精神薬などの薬剤などがあります。
白内障に関する調査では、50歳代で約40%、60歳代で約70%、70歳代で90%、80歳代では100%の方が水晶体に何かしらの混濁を起こしていると報告されており、加齢性の白内障は一種の老化現象であると考えられています。

白内障の症状

  • 視力が低下した
  • 眼鏡を作り直したがあまりよく見えない
  • 視界全体が黄色っぽくなった気がする
  • 目がかすむ
  • 夜間のライトや直射日光が以前よりまぶしく感じる
  • ものが二重に見える

こうした症状があったら、白内障の可能性があります。白内障は手術により視力回復が可能ですが、似たような症状で進行すると失明の可能性もある疾患もあります。こうした症状に気付いたら早めに眼科専門医を受診してください。

白内障の治療について

白内障は薬などを使った保存療法で治すことはできません。ただし、濁った水晶体を透明に戻すことはできませんが、予防や進行抑制の効果が認められている点眼薬は存在します。日本国内で認可を受けているのは、ピレノキシン点眼薬(商品名:カリーユニ、カタリンK)、グルタチオン点眼薬(商品名:タチオン)のみです。これ以外の点眼薬は十分な効果が証明されていないため、国内での認可がおりていませんのでご注意ください。
濁って視力に悪影響を及ぼすほど進行した白内障の場合には、手術が必要です。目の手術ということでご不安を感じる方も多いのですが、現在の日本では年間100万件以上もの白内障手術が行われており、術後成績はとても良好です。さらに当院では白内障の日帰り手術を行っているため、入院の必要もありません。手術内容などについてわかりやすくご説明し、ご納得いただいた上で手術を行っておりますので、まずはご相談にいらしてください。

白内障手術について

白内障手術について白内障手術は、濁った水晶体を取り出し、代わりに人工の眼内レンズを移植します。
水晶体は透明な水晶体嚢という袋に入っています。濁っているのは水晶体だけですので、最初に水晶体嚢へ小さな穴を開け、超音波で水晶体だけを細かく砕いてきれいに取り出し、水晶体嚢の中に人工の眼内レンズを入れて固定します。濁った水晶体の代わりに人工の透明な眼内レンズを挿入することで、ピントの合ったクリアな視力を取り戻すことができます。

当クリニックの白内障手術について

当クリニックでは、本院のよつかいどう眼科にて日帰り手術を行っております。また、ご希望の医療施設がございましたら、紹介状もご用意いたします。お気軽にご相談ください。

眼内レンズの役割

透明な人工の眼内レンズを濁った水晶体の代わりにすることで、明るい視界を取り戻すことができます。このレンズは1度入れてしまえば交換やメンテナンスをする必要はありません。また、眼内レンズには、老視を軽減する多焦点レンズ、乱視を軽減するトーリックレンズなどが登場してきており、質の高い見え方へのご要望にもお応えできるようになってきています。
ただし試しに入れてみるということはできないため、ご自分にどういったレンズが適しているかを慎重に検討する必要があります。当院では、それぞれのレンズの特徴やメリット・デメリットなどをくわしくお伝えして、患者様にとって最適なレンズをお選びいただけるよう心がけています。

多焦点眼内レンズについて

白内障手術で使用する単焦点眼内レンズは、遠距離か近距離のどちらか一方に焦点が合わせられるようになりますが、もう片方に焦点を合わせるためには眼鏡が必要になります。。それに比べて、多焦点眼内レンズは遠距離も近距離も(種類によっては中間距離も)焦点が合わせられるようになり、眼鏡をかけること機会が大幅に減ります。多焦点眼内レンズは自費診療となりますが、厚生労働省認可の先進医療認定施設であれば、術前・術後の検査は保険診療として受けることができます。関連施設のよついかいどう眼科は先進量施設でもありますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

tel:043-445-7677
一番上に戻る
よつかいどう眼科 アイクリニック神楽坂 アイクリニック大井町